あじさいと海の写真を現像しに行きたいです。

25年に虐待され、倒れさせられ、椅子を投げられ、両足払いであざができたり、唇が切れたり、10分で殺せると言われたりした子たちの文書

拾いもの。

25年に体罰され、倒れさせられたり、椅子を投げられたり、両足払いであざができたり、唇を切る障害を負わせられたり、10分で殺せると言われたりした子たちの文書
http://uploda.cc/img/img55ea58725d423.JPG
http://uploda.cc/img/img55ea5885caf87.JPG
こちらが消えないもの
http://uploda.cc/img/img55ed08956e6ca.JPG
http://uploda.cc/img/img55ed08a30fbcc.JPG
-----------------------------------------------------
処分説明書
交付 平成25年9月12日
職名 教諭
処分の種類及び程度 停職3月
処分年月日 平成25年9月12日
根拠法規 地方公務員法第29条第1項第1号、第2号及び第3号
刑事裁判との関係 刑事裁判所に係属していない。

処分の理由
 上記の者は、
第1 平成24年6月24日午後3時頃、【黒塗り】校庭において、【黒塗り】サッカー部に所属する当時同校第【黒塗り】学年男子【黒塗り】2名に対して、試合の観戦態度が悪かったことについて指導した際、右手のひらで同2名のうち1名の頬を2回程度たたく、右足で同1名の右大腿部を2回蹴る、左手の拳で同1名のみぞおちを2回小突く行為を行うとともに、右手のひらで同2名のうち別の1名の胸及びみぞおちをそれぞれ1回たたき、右膝で同1名の右大腿部を1回蹴った。

第2 同月25日又は27日、【黒塗り】において、同部に所属する当時同学年男子【黒塗り】3名に対して、
【黒塗り】について指導した際、左手の拳で同3名のうち1名のみぞおちを3回小突き、右手のひらで同3名のうち別の1名の左頬を1回たたき、右手のひらで同3名のうち更に別の1名の頬を1回たたき、右手の拳で同1名のみぞおち付近をそれぞれ1回小突いた。

第3 同年7月4日午後4時30分頃、【黒塗り】において、当時同学年男子【黒塗り】9名に対して、試合会場からの帰りの際の問題行動について指導した際、同9名のうち1名を椅子に座った状態から押し倒すとともに、右手のひらで同1名の左頬を4回たたく、右手のひらで同9名のうち別の3名の頭頂部をそれぞれ1回たたく、右足で同9名のうち別の2名の足首付近をそれぞれ1回蹴る行為を行った。また、同9名のうち別の2名の足首付近をそれぞれ1回蹴る行為を行った。また、同9名のうち3名が
座っていた椅子をそれぞれ蹴り、そのうち1名を床に倒れさせた。さらに、椅子を床に向かって投げる行為を行った。

第4 同年10月頃の日の午後1時15分頃、【黒塗り】において、同部に所属する当時同校第【黒塗り】学年男子【黒塗り】3名に対して、【黒塗り】について指導した際、同3名のうち1名に対して、右手で同1名の髪をつかんで引っ張り、右足で同1名の両足を払って倒し、左すねにあざができる障害を負わせるとともに、右足で同3名のうち別の1名の左足を払って倒し、左手で同3名のうち更に別の1名の肩をつかんで右足で同
1名の左足を払って倒す、右手の拳で同1名の左腕を5回たたく行為を行った。

第5 同年10月下旬の日の午後4時頃、同校第【黒塗り】学年【黒塗り】組教室において、同部に所属する当時同校第【黒塗り】学年男子【黒塗り】に対して、【黒塗り】について指導した際、右手のひらで同【黒塗り】の左頬を2回たたき、右足で同【黒塗り】の左足を払って倒す、右足で同【黒塗り】の左脇腹を2回蹴る、右手の拳で同【黒塗り】の頭頂部を2回たたく行為を行い、同【黒塗り】に唇を切る障害を負わせた。

第6 同年12月19日午前7時40分頃、同校校庭において、同部に所属する当時同学年男子【黒塗り】に対して、試合中の態度について指導した際、右手のひらで同【黒塗り】の頭頂部を3回及び同【黒塗り】の右頬を2回たたいた。

第7 平成25年1月8日午前11時30分頃、同校相談室において、同部に所属する当時同校第【黒塗り】学年男子【黒塗り】に対して、同級生に暴力を振るっていたことについて指導した際、10分あればお前を殺せるぞという不適切な発言を行った。

第8 同日午後5時40分頃、【黒塗り】において、【黒塗り】に対して、上記の者所有のかばんにゴミを入れたことについて指導した際、右手のひらで同【黒塗り】の頭頂部及び左頬を合計7回たたくとともに、左手の拳で同【黒塗り】の腹部及びみぞおち付近を合計3回程度殴り、更に右手のひらで同【黒塗り】の頭頂部を5回たたき、同【黒塗り】に、腹部打撲の障害を負わせた。

第9 上記第1から第8までの体罰及び不適切な言動について、速やかに管理職に報告すべきところ、これを怠った。

 これらのことは、全体の奉仕者たるにふさわしくない行為であって、教育公務員としての職の信用を傷つけ、職全体の不名誉となるものであり、地方公務員法第33条に違反するとともに、上記第1から第6まで及び第8の行為は、学校教育法第11条及び地方公務員法第32条に違反する。
 よって、上記の処分を行うものである。

-----------------------------------------------------

 

数えきれないほど頭頂部をたたかれる児童生徒のことをみてたけど、つい指導と言っちゃう、体罰と言っちゃう。

 

体罰と言った瞬間、体罰はありかなしかの議論が生まれてしまう。


私はこれらを虐待と言えるようになりたい、これらはまったくもって虐待と思うから。

 

虐待はありかなしかの議論は生まれないから……


社会がこれらを虐待と言える社会になってほしい。まずは私から・・・・・・