できごと

私の暗い深い闇のところが癒える

 子どもの頃のことを決して語らない、これが最優先なことだった。
 本当に遺棄された子、人間がいるところでは、なぜこの人間が生まれここにいるのか、本当にわからない。
 知的の重度と呼ばれる人への安楽死についても連想したことがある。たぶん私の過去の、共に暮らした小さな子どもたち、そこにいたあらゆる子どもたちのことを全く触れる必要がないと私が麻痺していたことがあって、安楽死について考えたのだと把握する。
 最近、盲ろう者ノーマライゼーションという書籍を読んだ。p234の盲ろう者女性の言葉「私みたいのが、『方法は一つではないさ』とか言って、可能性に挑戦し始めると、あきらめていた人達がゆらぎはじめる」「自分が誰かから言われた経験があるからこそ、私達に向かって言う」とのこと。

 施設や母校には暴力があった。外の自由な世界から、これらの世界を見るのは厳しく辛い。
 あんなところに入れる命をなぜ産んだのか。さらには、幼い子が無雑作に捨てられている世界になぜ産んだのか。というこれらが一番、懊悩する問い。それを問えないままであったので、知的施設の重度と呼ばれる者への安楽死うんぬんの考えにわたしはなったのだと思う。だから、あんなところへなぜ入れた、産まねば良かったのに、と問えて良かった。小学生にもならない子たちについて悲しめるようになったのはごく最近だから。
 かつて目にしたものを、まず意識の上にあげようと思う。

 

 ・・・なぜその子を産んで捨てたのか。なぜ大人たちはその子を遺棄したままにしておくのか。なぜ私はすてきな親のようにその子に接し続けることができないのか、共に暮らしてたのに。なぜその子をナイトのように守れないのか、なぜその子に憎しみすら、わくのか。思いあまって、決してすべての子どもにかかわらない事を正義としたけれど、それで、それだけで、良かったのか。でも、それしかなかった気がする。私には声をあげる余地もなかったのだ。
 里親さんと子どもの気持ちが通いあうような物語の内容に実際にふれると、私の暗い深い闇のところが癒える。2017.11.1

子供達だけに密かに独房と呼ばれてる部屋

2017.10.15のリアルノートより
 
 ・・・あるときまた、子ども何人かの取っ組み合いがあった。すごい声、罵り合うような叫び声が続いた。

 

 わたしははらはらして・・・それは廊下あたりで起こっていた。居間の方かどこかにわたしはいて、急だったので竦んでいた。こういう場所ではどうしようもなく、しばらくぼんやりうろたえていた。初期の頃わたしは「ここは魔物の館?」みたいにショックを持っていたけれど、もうこの取っ組み合いには慣れっこになって、麻痺して、固まっていたけれどよくあることなのだと考えつつあった。

 

 しばらくすると、どこからか(覚えてない)大人が現れ、そしてとにかく魔女狩り裁判のようになった。それで、何人かの大人と、何人かの子ども・・・避けるやりとりが始まる。

 

 その時わたしはもう知っていた、こうなった時誰かが、子供達だけに密かに独房と呼ばれている部屋へ入れられることを。それはちょくちょく〜時折あったのだ。独房の定員が一名だともすでに知っていた。それで、避けることが・・・行われる。

 

 その場の全員、「一体どういうことなの、誰が原因なの?」という話にはいっていく。わたしは近くですくんでた、「さあ、どういうことだか・・」というような雰囲気で首を傾げていたと思う。


 そして今思えば、一番あれこれ、独房へ入らないために「鎮まりなさい、この子があれこれしてきた」「この子がこうしたんじゃない?」と話ができない子が呼ばれるのだ。パニックになっている感じがする。怯えながらひっぱり出され、床に倒されたか倒れたりして、その体勢でひっぱられたために頰か肌が、床にこすれて聞きたくない音をたてていた。その子が部屋に入れられ、わたしは、とてもほっとした。

 

 それを、書かなければ・・・・・・いけない。その子がしょっちゅう入っていれば、わたしは入れられないことを、わたしは多分どこかで知っていた。

 

 独房に入らないために誰が何をしたか、入らないためにわたしがどれほど避けたか、どれほど無雑作にそれが行われたか。ちゃんとした大人に来てもらい知って欲しかった、それと同時に、わたしのしたことを知られたくない気がする。この話は狼狽えながら書いたため、いつかもう少しだけでも動揺していない言葉で表現できたらと思う

 

 まず長い期間、度々、わたしは「わたしがそこのベッドを一つ使い、時折独房へも入ったことで、他の子どもがそういう目に遭わなくてすんだのだ」という思考をしていた。それはOKな思考だった、わたしには何も問題なかった。なのに、誰かが入っていればわたしは入らなくてすむというような思いになるなんて。
★特に最後の段落は後でもっかいなんか書きたい回想したい内容がある かなり書き直したがってるから

施設経験者のうち何人がこれを読めたか

家庭養護促進協会「育てる」No.54
p2より。

 イギリスの統計では、施設入所期間が2〜5年は7%、5年以上が1%と非常に短い。里親ケアでさえ2〜5年が12%、5年以上が9%と、短期間で実親家庭や養子縁組家庭に移行しているのが実態です。一方、日本では児童養護施設に3年以上入所の子供が61%、17,800人。福岡市も57%で、申し訳なく思いました。長く児童養護施設に入所している子どもの中で乳児院から継続しての子どもが30%。一度も家庭で過ごす経験がないまま大人になる。大体3年以上入所すると、結局18歳まで継続することも明らかになっています。
(引用終わり)

 居住型施設経験のある者たちのうち、何人がこれを読めただろうか。
 上記はインパクトのある部分、長期入所が日本はまだまだ多すぎる、と書かれたところを切り取ったのだけど、「育てる」を読んでいくと、わたしは、気持ちが休まる・・・。大人が子どもを長期施設入所させないためにしている数多くのことが、書いてあるから。早くに知りたかった、誰かがわたしのところへ来て、教えてほしかった、言ってほしかった。わたしが里親に関しての機関紙などを読みたがるのは、自分育てのため、自分に足りなかったものを探すため。施設入所したことのある者達、長い施設暮らしをした者達に、「育てる」のような情報が不要な者、必要な者は、どのぐらいいるのか。わたしのように大人になってから迷い、里親について学び始める者は、どのぐらいいるのか。p27には、全国の児童相談所にも送付とある。

「あれら」の出来事と、トイレに関連したこと

あれらの出来事

 

 恐ろしくておぞましくて崩壊するような、子ども時代のとある出来事のいくつかの場面でわたしは気持ちよかった。
 恐ろしくて脱獄を切望していた。暗い影を化け物、怪物、魔物のように実体験している。そして崩壊しそうだったのと同時にとても気持ちよかった。

(おそらく生き残りの手段だったに違いない、様々な意味で。今ふと思っただけだけど。)(こういう把握はよくするけどすぐ消えている。このカッコ内は読み返して付け加えてる。)

 ここまではシンプルな被害なのでOK。


トイレに関連した出来事


 別の時、トイレへ行くのは非常にプレッシャーだった。トイレへ、どうしても行きたくなかったのを覚えている。とても、嫌だった。

 

 言ってはいけないこと・・・
 ちょくちょく、何人かの子がつきまとってきた内容を、意識の上にあげて、取り乱さずにもう一度思い返してみることは、ずっとしたことが無かった。いつも何人かの子が私(やほかの誰でも)につきまとっていた。数人、全て年下の子だった。誰だかうろ覚えな子どもたちもいて、それをとても苦痛に思う。(覚えてれば考えていけるのに混じっているところは思い返して検討すらできない事がとても、とても苦痛。付け足しメモ)

 

 ある子が、ある時期、居間(ホール)や食堂や廊下や浴室やトイレなどについてきた。私は、逃げ回っていた。・・・うまく書けない・・・

 

 誰も来ないことを見計らってトイレへ行くようにしていた。なのにある女の子は、私についてくる。トイレは、安全な場所ではない。今私は明確に加害者として書こうとしてる。けれどふと思ったのは、その子も安全では無かったから一緒に来ようとしていたのか、どうなのか?といった内容(この瞬間まで一度も自覚しなかったのでメモ)。

 

 誰も来ないことを真剣に、恐れつつ、見計らってトイレへ行くようにしていた。何かが・・・具体的なものがあったわけじゃない、でも、私やおそらくその子たちがトイレへ行く時、安全感が皆無だったのは確かだと、把握しておきたい、あいまいだけど。

 

 最後にもう一つ、2017年10月21日まで関連付けてこなかったこと

 

 私がどうしてもトイレに行きたく無かった、嫌だった、
 そのことと、
 とある低年齢のこどもが食堂の方につながるある廊下で繰り返しトイレをして、それを散らかし投げていること。
 
 これをやっと関連づけるようになった。その子もトイレへ行くのが苦痛だったのではないかと考えるようになった。今までは感情がなく、この記憶は、悲しみや感情の伴う記憶ではなかった。私はその子に何か問題があるのかとずっと思っていた。もし大事に家族・里親家族のところで育てられていたなら、と思う。
 
 ここは私だけの安全な場所・・。書けてよかった、と思う。

 

 書くまでに至る背景は、2015年冬以降〜に下記をやっと読んだ事。
「あたらしいふれあい1」p121、p216、
「あたらしいふれあい2」p54、555
里親さんに引き取られた、ずっとトイレにもついてきたりするこども

特に「あたらしいふれあい2」p247
里親さんとずっと居たがりトイレへもついてくるこども

「僕がほしいのはパパとママと釣りざおだった」p141
シャワー嫌いやトイレを「目もあてられないほど」汚す12歳くらいの子どもが
p291「ちゃんと、ケツも、拭けるように」なるまで。

 

そして
「こどもの声 里親家庭・居住施設で暮すこどもの意見表明」
バーバラフレッチャー著
 この626人の様々なこどもの声を、
 読みたくないけど読みたくてなんとか、やっと、少し読み進めた事。
 これらを読んでやっと言葉になった。私が言葉にするわけは、あらゆる意味で人間らしく生きることを模索する過程で、強くつまづく何かがあり。私の場合は、子ども時代の出来事を見ない言わないままにしてる事が、人として生きる事を妨げていると思ったから。

 

たぶん、叫び

 想うに・・・子ども集団で寝泊まりする場では、誰にでも必死に(テキトーに?悲)つきまとう、安全感を持たないとししたのこどもが居ると思う。全く人に近寄らないクールな子が居ると思う。里親さんのもとに引き取られたこどもの幾人かは、里親さんだけにつきまとう。(最初は付き纏わないかもしれないし、誰にでもかも。でも、)里親さんのもとでなら安全感をはぐくめるこどもが少なからず居ると想う・・・・・・。
 自分の加害について書こうともしたけどずれた。

委託率が50%ほどになってる静岡県の市

 虐待、加害の連鎖については、2017年5月ごろにリアルノートにかなり書き殴ってる・・・あるページは、「喰い合い」と書いてる。虐待した・虐待していない、この感じが交互に来る。「頭の中で、体中で、警報が鳴っていた」、とたびたびノートに綴ってある。


 2017年5月30日のノートに、里親と子どもたちの世界の記録の書籍や、全てのそれらに関するサイトを見るのが、辛く苦痛だと書いてある。そしてかなり迂回してる。無関心になりたくない…

 私には施設で暮らす、4万人ぐらいのうちの、約半数ぐらいの、5才前後以下の子が、賽の河原にいさせられているかのように感じる。

 私も、賽の河原、あちら側を垣間見て、二度と戻れなくなるんじゃっていう激痛を感じる。そして私はあちら側の者ではないっていう、私の心の中の差別と闘わないといけなくなる。(わたしには耐え難い戦場を見て、逃げ帰り、わたしはとにもかくにも家に逃げ帰れたけど、そうじゃない本当にそれが不可能な子の事を、逃げ帰ったわたしがどう把握したらいいのか。)


 2017.6.9のノートより写し。
 何か書く時に、何かを非難せずに書けるのか、が私には重要だったみたい…。気を付けなきゃ。

 里親制度を語ると、施設に入りたい子どもを虐げてる気がしていた…。
でも最近は考えが変わるようになってきた。無くしてしまう前に書き留める。里親委託率が50%ほどになってる静岡県の市のことをおもうにつれて。

 きっと、里親制度が充実すれば、里親のところで一人ひとりの子どもに
目が届いて、施設は施設が必要な子どものみの入る所になっていくかもしれない。私のように、急激に引き離され、準備なく、より小さい子と暮らす重圧に負けて加害に至ってしまう子どもも減るかもしれない。長期入所する子どもが減るかもしれない。国会図書館で海浜留学里親を知った。私のような大都市でへとへとになった子どもにはこれは良かったかもしれない。

 委託率50%の日本の市があることで、色んな都道府県の大人達も、無理なく肩身狭くなく里親制度を発展可能かもしれないし。海浜留学里親をする大人が、里親制度とつながるかもしれない。国会図書館で読んだ資料にはその海浜留学里親と本来の里親制度の里親が明確にわけられていなくて、わたしはまだ把握しきれていないけど。里親制度が周知されたことで逆説的に、なんとか様々な支援を見つけて赤ちゃんが家庭にとどまれた件が増えた話も読んだ(たしか書籍「里親と子ども」、巻数忘れ)。津崎氏「この国の子どもたち」のイギリスのウォリクシャ県でもそういう文があったと思う。

 

 目の前の子の苦痛を取り除きたかった。自分が確かに相手に苦痛を与えた時もあったにもかかわらずそんなことを思っていた。大人になってしまったら、里親制度にくるまれることはできない。

 私は里親になろうとした事はなかったが、子どもの頃に実体験したかった気持ちを引きずるあまり、スムーズに結婚して里親の勉学がしやすくなるのなら、結婚したいと極端な思考をしたこともあった。対人があほですぐ断念したけど。元子どもの私がかつて、何を得たかったのか、なぜ被害に遭い加害をしたのかを知るために入っていける勉強場所は少ない。

 ウォリクシャ県の事を最近やっとのことで読んでる、この本は…こどものころにわたしが読みたくて、言ってほしかったことが書いてあるので。

何があったのか把握したい

 虐待、加害の連鎖については、2017年5月ごろにリアルノートにかなり書き殴ってる・・・あるページは、「喰い合い」と書いてる。虐待した・虐待していない、この感じが交互に来る。

(話せない事が2つほど。この2つがあって私は、)こどもが何をされててもしかたない、そこがそういう所なのは、ままあることだ、と思うようになっている。


 なんとか言えることは・・。私には、小さな子にも年上の子にも、ゆったりとした歳月をともに暮らす、その子どもだけの大人がいないのではないか、と把握したいのに、そうは考えにくくて、人の子として、私自身がその子ども達を思いやることができなくて涙が出る。


「頭の中で、体中で、警報が鳴っていた」、とたびたびノートに綴ってある。書いて、やっと思い出して気づいたような気がして、でもそれを以前も書いていた、というのがよくあるみたい。メモを短くまとめて何を繰り返し綴っているのか把握して、同じことを繰り返しノートに書かないようにしたい。

小さな子に私がなんのいたわりの心も無かったこと…

 虐待、加害の連鎖については、2017年5月ごろにリアルノートにかなり書き殴ってる・・・あるページは、「喰い合い」と書いてる。虐待した・虐待していない、この感じが交互に来る。

 わたしはほんとに、あのちいさなこどもに対して、何の慈しみの心もなかった・・・。とても恐ろしいことに、ちいさなこどもの様子をみていると、内心で警報が鳴り、ずっと放置している気分になった。

 

 わたしは、ちいさいころに、「あなたの心配している、あの何人かのこども。その子たちには、必要に応じ、短期でここを出られるよう、里親制度があり、あなたがたが互いに世話しなくてもよいよう、養育者が探されている」と大人から教えてもらいたかった。

 来る子のお世話を考え、無視するしかなかったのが、わたしには本当につらいことだった。こどものわたしが、別のこどもを世話するなどできない。