できごと

里親さんへの思慕のイメージ

 たぶん私はまだどこかであの施設に居るのだと思う。

 私はイメージする(思慕する)、

 ある子が、あたたかで、人生の良さも知ってて、「助力者としての大人」(養護児童の声p172)として共に生きてくれる養育者のもとへ行ける事。

 

 小さな子が里親さんのもとへ必ず行ける事・・・。

 

 30歳前後まで、自分より小さい年齢の者たちのことまで思おうとするゆとりが生まれてこなかった。私はどれだけ、小さい子ども達を蔑ろにしていたかを内省する。

 

 私には強い思慕があって、あたらしいふれあい2のp180『C子の実母が、手元で育てられないから、養子縁組で誰かに託したいと言ってきたので、里親を求めることになった。D夫妻は緊張感の高いC子を何の苦労もなく育てたという。苦労なんて途中からの育児だからあたり前という覚悟と、苦労を楽しみに変えてしまう柔軟性ゆえのことである』このような里親さんのことを、ずっと、ずっと想い描き、そのイメージで生きているところがある。

 世の中には、しっかりした、内面的にも豊かなのんきな大人がたくさん居て、私の魂の中に残るあの子のような子も、まずまず、ぼちぼちっと育ててくれるだろーと、つい、思慕のイメージを湧き起こす。

 

悲哀が可能な自分になりたい

回想、

子どもが急に去ったり、

行方知れずになったりすることを悲しめない、

あるいは無理に悲しみや慈しみを表現しないとならない時のこと・・・。

 

『遺体』という本を読んでみている。遺体を運ぶ方は、日が暮れ、明日にさしつかえるから今日はここまで、というのがあるらしい。子どもだけの建物じゃ、その概念はないと思う。人生全部にさしつかえかねないと思う・・・。

 

 小さな子が来たら、休みなくお世話しないとならない。でも本当は、プライベートな休息時間があってもよかったらしい。

 

好きなことを好きなだけ好きにやることを、

特定の子どもとして、特定の消えない大人に守られて、

自分のペースと行動と休息を、どうやら、持って良いらしい。

 

 よき家族がおり施設を体験していなければ、同じ町の人や、他者の遺体にも、哀哭を持てるのだと思った。私にも家族がいて、家族が死ぬのは悲しいけれど、施設の子に対してはどうしても「ここはそういうものだ」と考えてしまう。施設の子の生き死にが悲しくなくて、次第に私の家族の生き死にも悲しくない感じになる。捨てられた子がむごい嫌な状況なのを、悲しむとしたら、切りがない。施設に対し大人の様々な考えがあって、情報が極端にない中、うごめいていないといけなかった。

 

 遺体という本を読んで、比較するのじゃなく、「つながりがあれば、このように悲しいものなのか」「ちゃんと悲しめるようになりたい」と考えてみたい。津波の本で、ちゃんと読みたい本なのに、「悲しいものなのか?」と疑問をもつ自分を、どうにか悲哀が可能な自分へもっていきたい。施設の子に対しては、共に住むのに、つながりはなかった。親に捨てられた子は本当にむごい。そう考えるのに、なんの感じも持てない・・・。その子達に親が、特別な対象者がもたらされないままのことを、明晰に嘆いてみたくて。。。それは、個人的な自分をもたないと、できない。

 

 概念にしろ実体にしろ、里親に出会えていないと、家族のいる大きい子の私は、「施設は、捨てられている子は、それしかないのだ。施設しかない。捨てられているしかない」と思うようになる。

 小さい子に里親がいてほしい。書籍『ジョディ、傷つけられた子 里親キャシー・グラスの手記』では、8歳の子どもに対しキャシーが「施設に入れるには幼すぎます」と何度か強調していて、そんなに言ってもいいのか、と私にはおっかなびっくり。はっきり言うと、とても、嬉しかった。

 

 

 

「ルーツを探る」「親子になる 血のつながりを越えて」などを大図書館へご寄贈ください

 東京以外にお住まいの方、どうぞ、その県で一番大きい図書館に、お持ちの冊子「ルーツを探る」「親子になる 血のつながりを越えて」「うちあける」「親子への道標」などをご寄贈ください!(大阪府立図書館にはあります)

 

 様々な施設にいた子達が、凄まじくたいへんな徒労なく、自分の人生へ立ち戻って欲しいです。実は見えにくいところで、多くの子どもが里親のもとへと行けるようにと行動する方々がおり、施設に対してもつ難しい思いが自分個人のものではなかったと振り返るためにも、重要な冊子と思います。

 

 1県の図書館に1つあればその県に住む者は、自分の住まいの近くの図書館からリクエスト用紙を使い取り寄せることができます。(区外からの取り寄せか購入、と説明文があったりして一見購入のリクエストに思えるけれど大抵は、区外取り寄せ)

 

 ですので、もしご自宅にこれらの冊子をお持ちの方で、今までは自宅に置いたけれど図書館にでも置こうと思ってくださる方に、大きな図書館への寄贈を検討いただきたいのです。

 

 どの置き場にするかが少し難しい点で、私はこれらの冊子を東京の国会図書館、東京都立図書館、地元の図書館のどこに寄贈するか検討しました。

 

 リクエストで東京のどこからでも取り寄せて読めることを重視し、都立図書館にしました。地元の小さな図書館だと置くことが難しいのではと思いました。「うちあける」「親子への道標」は売り切れで寄贈してないです、何卒寄贈お願いします。

 

 DVDだとまた違って、例えば「風とどまる」というDVDは図書館でなく、東京ウィメンズプラザにしました。DVD単体の区外リクエストはやっていないと地元図書館で言っていたからです。都内の方が東京ウィメンズプラザまで来て借りることを願い、そこへの寄贈にしました。

 

 とある市区町村の男女参画センターへ行き、寄贈は難しいと実際に確かめた結果、大きいウィメンズプラザならと考えた背景があります。

 

 里親志望の方々のことを私は心配しておらず、登録の行動をして、子どもとともに生きてくださる、と思っている。

 

 私が考えずにいられないのは、一体自分の徒労は何なのだろう、わずかな親モデルの道順すらないという問いも出にくいような、模索する子について。具体的な冊子があれば、過去に何があり何がなかったか、把握し整理するきっかけになるのでは・・・全く悼めない過去を悼めたら、もしかしたら・・・。

 

 里親について知ることは、誰も来なかった苦痛の確認ではあるけれど、もしかしたら、親を知らぬ施設で生きる子を少しでも減らせると思える、灯台の光のように想えるきっかけになるのでは・・・。

 

 どうぞお願いします。

子どもだけで住むここは嫌な場所だ、と思い続けたこと

 子どもだけで住むことの内容について、なんで大人たちはこんなに内緒なのかと思う。養子の子どもたちが少しずつ真実告知をしてもらえるように、私にだって、施設に子がいることを少しずつ話して欲しかった(いつ入所するかも、恋人になるかも、友になるかも、敵になるかもしれなかった)。

 

 子どもだけで住むことの何より嫌な、悲惨なところは、基本的な個人のことが満たされる環境じゃないという事。その子だけの特定の大人からのお世話が必要なのにもらえない子は居続けたと思う。そして、自分なんかにお世話を要望する子がいて、それでも私は、その子は本当に求めているのは私ではないと、なんとなく把握していた。それなのに、その子が私や不特定多数への、対象の決して定まることもなく満ちることもない求めを求めるままにしておくのか。

 

 私はそれを言えなかったしそばにいた事で後悔してる。あの場所では何でもあるし何もない。地獄と無が揃っている。放っておかれてるから、地獄が地獄なのか気がつかない。ただあの場所が嫌だと言うことも、今でも大変だ。無理にそこに住まないといけない事は、免罪符でもないのに、それを理由に、ほかの子たちのことに気が回らない時がある。そういえばアウシュヴィッツではフランクル氏が、自分はもっと他者を支えないといけなかったがそうする勇気が持てたのは収容所ではわずかな時間だったとか書いていた。レナはアウシュヴィッツビルケナウで、自分と妹がひどい労働でなく洗濯係になれたかわりに、盗んだ食料を渡してもらっていた女性たちがその、生き延びるために必須な洗濯労働から外された事を、申し訳ない、でも、自分と妹が生き延びられるのでとても嬉しい、というように書いていた。私も、多少だけど、自分のために他者を犠牲にして生きることを、やってきた。あそこは、そういうところだ。私は生まれてこなければよかった。生まれてこなければ、捨てられたあの子達を見て、自分の無力と犯罪性を知ることもなかった。

 

 自分を壊しながら、ここは嫌な場所だと思い続けた。それとは多分また別のことなんだけど、どうかあの子のような子にだけは、よき里親さんが見つかりますように。そう願っている。悲惨な場所にいるのはかつてのあの子達だけでもう充分だと思う。私はどこかで、あの子達は何をされても問題ではないのだ、と思っていないと、生きていけないほど弱いのではないかと思う。

お部屋へ来てほしいという子の話

 何度も衝撃とともに思い出すので、そこで立ち止まって思い返し、また書いてみたのだけど、一体誰に何があったのだろう。

 ある女の子がいた。正確な年齢は覚えていない。その子からあるとき、最低7回ぐらい、お部屋に来てほしいという言葉があった。早足で歩いて、無視して、ずっと断っていたけど、ある時、お部屋へ行った。自分がお世話しないといけないような気がして。彼女は来るように繰り返し言い、何度もついて来て話しかけて来た。ベッドに座ることも、一緒に漫画を読むことも、その子の希望だった。他人の私なんかと一緒に少女漫画を読んで何になるのかと思ったけど、ページをめくった。ベッドの脇だったか、綺麗な赤いランドセルを覚えてる。しばらくして、そろそろ戻るね、と告げて私は自室へ戻った。もう行ってしまうのかと言っていたけど、ほかにどうしようもなくて・・・

 多分私はその子に何をしてもいいと思っていた。その子に何もしなかったのは偶然だと考えてる。たとえ私が先輩だとしても、1000度その子が私に要望を発したとしても、それがどのような要望だったとしても、断らなければいけなかったと思う。偶然が何か違っていたら、どうなっていたことか。私は自分の加害性を知らないままの存在だった。けどまとわりつかないでほしい、うるさい、どうしたらいいのか、と強く思っていたのははっきり覚えている。だから、あの子どもにはちゃんと見守る固定の大人がいてほしいと、すぐさま大人に私は告げなくてはいけなかった。でも、そこまで考えられずうろたえるだけだった。

 

 私は今も、子どもに対し自分に理性が充分あるか疑問に思う。この疑問をずっと持っていないといけない。私はケアする職でも大人でもなんでもなく、年上女子だった。学んだ大人たちでも、難しい状況の子どもと接するのは難しいと聞く。だからこそその大人は、私のように孤立した少女としてお世話するのでなく、適切な相談相手を持ち、ケアもしケアもされ、心底時間を作って関わることもあれば、ちょうど良い見極めをして、ほどよい休息の時間も選ぶのだと思う。子どもの私には小さなあの子のお世話なんて、本来、できる事ではない。できる事ではない責任を負おうとした。

 

 ほかに、ここは性非行が多くあなたは本当にまじめだからここにいるのは間違いに思える、ということを私に言った大人女性や、薄暗いところでものも言わず佇んでいた4人ぐらいの小学生の少年、廊下でトイレする無表情の子どもの事、それと無用な罰を受けていた気がする子と目が合ってしまった事、片目だけ灰色で黒が混じったところもあり皆に綺麗だと覗き込まれていた子、別の子どもだけの建物から来た子の記憶が、私の近くを行ったり来たりする。普段はそんなに差し迫った事は起きてなかったんだけど。

 

 前と同じことを書きなぐって思ったのは私は自分の被害や加害は認識しようとするのに、少し遠くで取っ組み合ったり叫んでいたり、佇んでいる子のこと、他者である子ども達のことは、たとえ生きようが死のうがどうでもいい他者なのだとどこかで強く思うようなところがあること。それもまた加害にもそして被害にもつながりそうだと今やっと思った。なので年下の子どもの事は特に回想して考えたい。

 

 あと以前何を書いたか忘れがちで、トイレに行くのが異様に苦痛だったことを書いたと思うのだけど、読み返せないため今さっき、やっとまた思い出した。トイレのことはやたらと苦痛なのでもう書けないかもしれない。でもだからこそ、廊下でトイレする子の事などでなく自分自身がトイレに行きたくないわけについて把握するべきなのだろうけど、多分過去のこれらは、ほぼ全て、掘り返すのは気をつけてやらなくちゃ。今はやめとこうと思う。

いつか吐き出しをやめ、ゆったりしたい。

 いつかしばらく経ったら吐き出しのような語りをやめたい、ゆったりのんびりしたい〜と思っている。時々、私のせいであの子たちが、という気持ちになる。

 早く知らせて欲しかった思いがあってブログでは、大人の私から子どもの私へ、子どもの私から大人の私へ、相互作用的に言葉を残すようになった。ここで吐き出す時期も必要なのかもと思ってる。

 資料は、斜め読みから始め、休憩をとりつつ読み進めてる。知りたかったものを読むと私は一時、気持ちのゆらぎが起きるから。それでも知りたい。休憩も睡眠も自分好みな量、充分にとる。読めない文もある。かなり、ぜんぶ情報をさけ、何も気づかずに済ます時があり、この自分の繊細なところを、なだめて、気楽に落ち着かせる。資料を述べる事にはなぜか迷いがある。

 専門的な資料を読む時、どうぞお気をつけてください。ぜひ無理なく、ためになりますよう。

ファミリーグループカンファレンスについて

 一生で一度ぐらい、辛かった事について書き留めてもいいだろうとズボラになって思う・・・。事実と想いを書けるのは安らぎ。

 

 取っ組み合っても、いつ、誰とか、覚えていられるところじゃなかった子ども集団。関わり続けるには責任がもてない子ども達が、いつもそばにいた。

 

 私は考えてる。

 「私は取っ組み合ったが、押したが、暴力じゃなかった」と思うのは言い訳かどうか。「子どものほうからやって来て、私から進んで子どもに触れた事は一切ない」と断言するのは、言い訳かどうか。こういう言い逃れは大人がよくする言い方のような。私はどの点で加害者なのか。

  小さい子ども達には必要なはずの連続した対象者がいなかった(のではないか)。

 

 たとえ、施設は3〜4人に1人が加害側になるとしても、それは言い訳にはならない。年下のあるいは弱い子が、いくらやって来ようが、近くにいようが、自制すべき。

 

 私は加害を自分の死で償いたい。しかし私は潔癖で、死で償えるものは何か?と思う。死で明確に償えるか。何が償いなのか。誰(複数)に償うのか。

 被害を受けた子どもという人間が、誰かわからず、数の問題ではないが数がわからず、その人間からどんな償いが適切かを知らされない。

 

 私はあらゆる施設的なところから脱落して、小鳥の声でも聞いていたい。昨日はメジロと1m半の距離でいた。私もメジロの好きな花の咲く木だと空想してじっと止まっていても、夢の中でないとメジロは止まってこない。ちょこまか機敏に動いている。尾長は少々、ゆったりした動きで、尾長に会えた私の人生は薔薇色の心だ。声は力強くて、姿がなくても判別できる。青みがかった灰色は尾長独自のもの。飛び方も美しくて、少々、典雅な様子で、しかもチャーミングだ、と思う。どちらかというと私の散歩コースの、ひっそりした神社をいくつか回るコースでよく見かける。ズボラなので見る時間帯や季節での変化は不明。鳥やバッタなどの生態系を調べる人になってみたかった。

 

 ファミリー・グループ・カンファレンスでやっと検索していくつか国会図書館で斜め読みしてきた。

 

 書籍 子ども家庭福祉分野における家族支援のあり方に関する総合的研究。確か、母はもちろん、短期で引き取りたいと願い、子ども側も、母が恋しく、家が良い、戻りたい場合。親族を含めたファミリーグループカンファレンスまでこぎつけて、対話し、意見や想いを考慮しあった結果、母が自分を整えるまで、子どもが親族のもとへ行く事が可能だとなっていった事例。子どもは同じ小学校へ通える。そして最優先されるべき子ども本人の希望、早く母の家へ戻りたいという願いを支える形になった。対話の、子どもの話したままの言葉がちゃんと載っている。(紹介事例なので実際の事例ではなく匿名的に構成してると思う)

 

(施設で家より多数の暴力がある事を、FGCでは・あるいは人々は大抵、知らされないかもしれない。けれど、それを言うのは脅しみたいなものかもしれないので、自分ではもし言うとしたら難しく感じる。)

 

 母も子どもも、共に暮らしたい。その場合、借りられる親族の力も借りることは本当に良いと思った。子供が施設入所がいいと言ったり、親側が子どもを家には置けないと拒絶し続ける場合とは違うのだと思った。

 

確か書籍ファミリーグループカンファレンスの可能性、61ページにはこうあった。「子どもの生活にとって最高の価値ある資源は、専門職や機関でなく家族である(Merkel-Hol-guin 1998a:10)」。

 

 施設で誰も来ない子が「自分にはなぜ来ないのか」「私にもほしい」と言う。そのような子どもに、必ず里親が現れてほしい。

 そのような子ども個人の思いが実在すると学び、感じ取りたいのであれば、「母と家にいたい」と望み、話す子ども個人が実在することも、私は学ぶべきとしている。

 

 書籍あたらしいふれあい2。縁組前提の里親のところで何年も暮らした子ども。その子どもを引き取りたいと、生みの親が来た話。引き取りたいならあなたが育てなさい、と語る里親。里親は施設へ返すのだけは、避けようとする。私は同感する。言いたくないが、施設は、家より、なんでも起こる。ここ一文は、消したいかも。家が難しい背景をもつとしても、家庭は一つのみの背景だ。施設は30人いれば30の難しい背景。50人いれば50の難しい背景だ。どうやって地雷を爆撃をよけよう? 家族なら数人からの危害を心配すればいいが、施設では数十人以上だ。

 

 司法福祉学研究の2010、確か248ページ。「実親が養育できないならば、子どもは親以外の身近な人のもとで育つことが望ましいという考え方がほぼ各国で根付いている。したがって親子分離を要する場合、FGCの実施と親族里親の模索がまず検討されている。」

 

 私は恥じ入りながら書いている。1度も盗まず、リンチせず、「真面目すぎ」と大人に言われ、内向きな私だけど、まっさらではいられない。里親やFGCや紹介したい様々なことを、さらっとうまく紹介できないジレンマ。 

 被害者が誰か、加害者が誰か、不明だった実状。

 そしてだから施設より育て親がいいと収束させる傾向が私にある事。一つずつ考えたい・・・

 

 入所して遭遇した事で、被害と加害を併せ持つ者になった。同時に、誰かから突撃を受け、誰かと取っ組み合ったのに、様々な事を目撃したのに、その子達が誰か、いちいち覚えていられない。それは被害の遭いやすさ、加害のしやすさに繋がる。

 

 共生と修復2の46ページ〜、共生と修復4の26ページ〜では、施設内の事ではないけど被害者加害者の双方が誰だかわかり、ここに書き表し難い、書き表わせないような、良き対話が行われているようだと読んできた。

 

 私が加害した子どもに謝罪したいと願った時、子どものあらゆる事を覚えていない、知らない事に気づいた。施設にいようがどこにいようが、取っ組み合った女の子には、産んでくれた親御さんがいたのだろうし・・・。でも私はといえば私本人にももちろん、そこの女の子、男の子、あらゆる子に、何があったか不明。

 これらが、施設より、実親のもと、あるいは里親のもとがいいのでは、と思う理由。

 今回は、施設より実親のもとがいいという場合について学ぼうとして、FGCについて書いた。