できごと

アメリカとイギリスの里親関連機関誌を購読したい

どうしても知りたいこと。

アメリカとイギリスの養子・里親について問い合わせ中。

 

まず問い合わせた、イギリスの子どもと若者向けらしいインケアに関する2つのマガジン「Become」のサイト。購読に関する用紙を届けてくれると返事が来たけど、待ち遠しい!

 

次にhttps://www.childwelfare.gov/

このインフォメーションゲートウェイのページから、インディアナ州のニュースレターを購読したい、インディアナ州のその問い合わせ先はどこか教えてほしいとメールした。

返事が来た。

「 Indiana- https://www.in.gov/dcs/fostercare.htm
Oregon- https://www.oregon.gov/DHS/children/Pages/index.aspx 」

それで今インディアナ州発行の雑誌とオレゴン州発行のニューズレターを購読したいと問い合わせ中。

 

イギリスのparent to parent information of adoption、(今はadoption UKに多分なっている?)やはり情報誌を作っているようなので、これも購読したいと問い合わせてる。

ナショナル・フォスター・ケア・アソシエイションという協会も機関誌「フォスター・ケア」を作っているそうで、問い合わせ中。

 

思うのは、州がニューズレターを発行してるのがすごいということ。日本でいうなら都道府県が発行してるイメージになるので。イギリスで社会的養護・里親・養子に関する子ども・若者向けの雑誌が発行されてることもすごい。外国の里親ニュースレターはたくさんありそうで、でも私は英語がグーグル翻訳しかできないのでどれか1つでも情報誌が得られれば嬉しいと思っていくつか問い合わせした。

 

Becomeは国会図書館にあった翻訳本「こどもの声:里親家庭・居住施設で暮すこどもの意見表明」で知ったと思う。

イギリスのparent to parent information of adoption、

イギリスのナショナル・フォスター・ケア・アソシエイションは書籍「あたらしいふれあい第1編」239ページ〜あたりで読んだ。

インディアナ州発行の養子の雑誌は「養子でわくわく家族」という書籍で。

オレゴン州発行のニューズレターは「THE KID」276ページで。ニューズレターは引き取り手がなかなか見つからない子どもたちについて書いてくれている。著者は、オープンアダプションの事務所で予約した打ち合わせを待つ間に、このニューズレターが3年分綴じられたものを読んでいる。

 

多分私は、日本で孤独なので、腐らないように、外国の情報が知りたいのだと思う。

外国がこのように、適切な情報発行について発展してるのだということが良い意味でショックだった。ネットでグーグル翻訳すれば読める記事もたくさんあって、人種や人身売買に関する文章もあったと思う。日本の里親の本を読んでいると外国にルーツを持つ子どものことが書かれていたりもする。なのでアジアの人身売買に関する本を読み始めた。私の住んでたとこには何人かの外国にルーツのある子どもがいた。母子支援の施設についてもまた読みたいものがあるし・・・

 

 

 

 

知りたかった事、知って良かった事のメモ

知りたかった事、知って良かった事のメモ

 

書籍『子どもへの回復・自立へのアプローチ』p210によると、

2014(平成26)年現在の、社会的養護に関する当事者団体は、

さくらネットワークプロジェクト、

CVV、

日向ぼっこ、

こもれび、

なごやかサポートみらい、

だいじ家、

レインボーズ、

明日天気になぁれ、

ふたばふらっとホーム、

ひ・まわり、

白ひげ、

COLORS

 

国会図書館で観られる里親・社会的養護に関する映像は、

『あなたも里親になりませんか~あなたを待っている子どもたちがいます~ 里親制度普及啓発ビデオ』★

『風とどまる 自立援助ホーム「憩いの家」40年の歩み』★

『いのちを未来へ!』(ドイツの赤ちゃんポストについてなど)

『子ども虐待における家族支援 ファミリーグループ・カンファレンスの実践 第1巻 (準備編)、第2巻 (実施編)』

『あなたも養育家庭になりませんか?:養育家庭制度広報用DVD』★

など。★マークは東京ウィメンズプラザにもある映像。

 

千代田区立図書館にある映像は

『タイトル 扉を開いて・・・ 養育家庭制度広報ビデオ』。

 

東京の国会図書館で映像を観るには、映像を借りる所へ行って用紙を書くのですが、一般でも「研究」に丸をつけて良くて、それで誰でも映像を観られると思います。

 

福岡県の小郡市人権教育啓発センターにある映像。

アミティ・魂と出会う旅』。(里親関連ではない。自分が東京ウィメンズプラザで、DV加害などについて調べる過程で、里親情報・母子支援・少年院・加害者へのアプローチについても載ってる報告書とかいくつかの資料(うろ覚え)にかつて販売していることが載っていたので、借りられる所を検索した。)

 

国会図書館所蔵。

『赤ちゃんの死へのまなざし 両親の体験談から学ぶ周産期 (死産) のグリーフケア』。子どもの死について思うところがあってここに書いた。里親関連ではない

 

観たことのない、関心のあるDVD。

『わかち合う声』。自死遺族が、2時間半のわかち合いの様子を18分の映像に収めたもの。書籍『自殺で家族を亡くして』p150で知った。

 

◇◇◇

 

付け足し

あたらしいふれあい誌は現在、

共生社会センターに数点あり(確か住民図書館の会報類が全て移行)

東京ウィメンズプラザに数点あり

大阪府立中央図書館に1975〜2008年まであり

大阪中之島図書館に新しい何年かが短期保存であり

東京国会図書館に2008〜があり

 

東京国会図書館

アン研修シリーズは8除いた1〜10まであり

 

東京ウィメンズプラザにあるのは

子どもの権利ノートガイドブック:子どもと里親養育の未来のために(冊子のような感じで、多分今は売られていない)

雑誌 新しい家族  養子と里親を考える会  日本(検索で出た、まだ私は見て確認してない)など

 

書籍『養子とわくわく家族』によるとアメリカには

インディアナ州の里親・養子協会Foster Care & Adoption Association発行の雑誌あり

Adoptive Families(Adoptive Families Magazine刊)という雑誌あり

 

書籍『子どもの養子縁組ガイドブック』には、試し行動についての文がある。うまく言えないけれど、理由があってここを読むといつも自分はとても嬉しくなる。

 

書籍『愛を知らなかった子』

この本をやっと読んではじめて、子どもたちと里親候補たちが集まって縁組したい子どもを探すハートギャラリーのことを知った。

ダニエルの場合。

ガレットという自らも養子である専門の大人がダニエルの里親を探してくれる。

家から保護され、すぐ治療の里親へ→そして養子里親を探すやり方。

 

書籍『ジョディ 傷つけられた子』7〜8歳の子が、数回里親委託に失敗したのに、施設へ行かぬよう、次の里親候補女性キャシーにそうとうかばわれる。そこだけでもインパクトがあった。それでキャシーの元でやっと本当のことを話し出す。

 

◇◇◇

 

メモしておきたいことがちょっとまだ多いので、また書き足します

 

ここは性行動が多いと言った大人やコンドームの事

 私はずっと人とのかかわりのもち方がわからなくて、大人に罰を受けてる子どもたちを見ても、何もできなくて、家族外の者からの被害を子ども時代に受けたりむごい世界を見たりして、それでも、この世界に染まらずにあることはできると、そうありたいとずっと思ってる。

 

 私たち子どもたちにはコンドームが必要だった。大人は、子どもたちを罰していた。でも、性非行とされるものには、逃げられなくて強制されたり(性別問わず)、あるいは家族があてにならない中、若者同士愛情をもって、かかわるものもあると思う。全てを罰してもなくならないと思った。死角(あるいは愛情や未知なもの)は常にあるから。だから、怯える私に「真面目な子」と言うより、私や全ての子にコンドームを配布して欲しかった。

 

 あの子とあの子はカップル、ここは性行動が多い、といった話を大人が私にした時点で、良い悪いじゃなく、すべての者にコンドーム配布を考えなければ、実情に即していない。

 コンドームがあれば、男の子も女の子も、自分の身を大切にしようとできる。

 

 私は人とともに愛情深くあることはとても苦手で、奥手で気弱でナイーブだったけれど、誰か少年少女達が愛情深くあろうとする時にコンドームより罰を与えて欲しくなどなかったし、

 

 人とのかかわりのもち方は自分は下手だけれど、知りたいことがたくさんあって、今もその問いを持ち越していて、過去を見るのはつらいけれど、見たくないものも見ようとする人生を生きようと思ってる。

 

 私は自己規範を探していたので、大人たちからの罰は役に立たなかったし、それと、厳しい罰や性被害と性売の関連を考えるようになったのは、ずっと歳月を経てから。

 子どもの頃のことは、たいしたことでなく、とりとめもなくて、これからも書けないものもあると思う・・・

 

 大人になってからは、子どもの頃と違って男性も女性も適切にコンドームを使用する人も多いと知っていった。

 子どもの頃の、コンドームが配布されず、罰しかなかった頃のことは、覚えておきたい。 

 

里親に関する会報を図書館で読めたこと

 そっと見守る消え去らない大人がいない、子どもの無残な様子を見て、ずっと辛かった。たびたび廊下でトイレをする女の子のことはどう考えればいいかわからなかった。

 大人になってからやっと書籍を読んだりして、そういうことはありうるのだと把握した。それで私は自分の接してしまった世界が、この場所でしかない唯一の孤独なものではなくて、ここしかありえない孤独なもののほうがよかったかもしれないけれど、この場所以外にもある事なのだと把握した。

 

1992年4月20日のあたらしいふれあい誌によると、

愛の手掲載児童1300回の分析。

掲載された子どもの数は1383人。

男の子は807人、女の子は576人。

1345人は日本国籍。38人が外国籍。

1992年5月20日のあたらしいふれあい誌によると、

「実親の事情が複雑な子供や、年齢の高い子供、あるいは0歳児であっても男の子」が里親が見つかりにくいのだそう。

 

2005年8月20日のあたらしいふれあい誌によると、

「T君と同じように、愛の手に掲載されてから、何ヶ月も何年も養親との出会いを待ち続けている沢山の子どもたちがいる。彼らのことを思う時、T君と養親とのこの出会いは、「決してあきらめちゃいけない」と、私たちに力を与えてくれる」とあった。

(手元コピーを見直すのはこわくて、大切なメモノートを見てる。ほんとははっきり見直して打ち込みたい。。)

 

 去年、はじめてやっと、あたらしいふれあい誌(古い年代)が大阪の中央図書館にあると知った。急にドキドキして、嬉しくて、涙が出そうだった。嬉しいことが怖かったので、血圧があがって倒れないように気をつけた。それで私は、孤独に思ってずっと苦しんできたけれど、毎月毎月何十年も会報が出ていて、大人たちが里親の必要な子どもたちのことでずっと骨折ってくれていたことをやっと知った。実際に原本を手に取れることはとても大きいことだった。

 

 今年からは、あたらしいふれあい誌(新しい年代)が東京の国会図書館で読めるようになったそう。全ての児童相談所へ送られている機関紙だと何年か前に聞いていて、いつかさかのぼって読み込める事を願い続けていた。

 

 ずっと孤独だった。恥ずかしいことだけど、ある福祉関係の会報は、あれもこれも国会図書館で読めるのに、私が何より読みたいやつはあれもこれもない、と恨みに思っていた。いくつかは購読を選んでいるけれど、読みたい十数種類の会報を全ては購読できないので、国会図書館にだけでも置いてあったらなと思っていた。大阪府立中央図書館にあるだなんて思いもよらなかった。手に取るまで半信半疑だったけれど、実際に手にとったら、長年の苦痛が解けていくような感じだった。

 

 わがままだけど、いつか誰か、あしながおじさんが、「ストックしてるから、会報の欠番をまとめて寄贈しても良いよ」と寄贈してくれる願いは持ち続けてる。3500部ほど印刷されているらしいから、誰か購読して残している人が・・・。でも私にはできないことなので、大阪と国会図書館で見られる年代があることをただ嬉しく思っていたい。まだ読み込んでいない箇所も多いので、また読みに図書館へ行こうと思う。

音声の図書・図書館について

覚え書き

 

アメリカのbookshareは、読書が難儀な数十万人が、63万以上の本を点字やテキストで拡大したり音声にして読める・聴けるのだそう。

利用者本人やボランティアがスキャンしテキストにしたものをシェアできる。

視覚に難がある人、ディスレクシアの人、肢体に難があって読みにくい人など。

 

日本ではネットのサピエ図書館というところで、読書に難儀な人がネットから、点字や拡大可能テキストや音声の本をダウンロードできる。アメリカのような、利用者本人等がスキャンした本のシェアは無い。

 

日本で使われる文字はひらがな、カタカナ、漢字が混ざった形。そのためOCRというソフトで紙の本を、合成音声が読める形に変換するのが難しかったのだそう。合成音声も誤読が多かったらしい。でも最近は2つともかなり精度が良くなってくれて、読書障害の人が紙の本をスキャンし、パソコンに入れ、OCRソフトで合成音声が読める形に変換して、合成音声で聴くのがスムーズに可能みたい。

 

それで思うのは、アメリカの3億人のうち30万人が障害のため本をbookshareで読んでいるとして、

日本のサピエ図書館は1万5千人ほどが使っているそうなのだけど、日本人口は1億人ぐらいだから、アメリカの割合をずぼらに当てはめると本当は日本の10万人が読書のための代替策が必要で、今の人数プラス8万5千人がサピエを使っていい、ってことになる。

 

難儀なため点字や拡大可能テキストや音声での読書が必要な方、ぜひサピエ図書館に登録を。(里親関連本もあるそう)

 

OCRソフトや合成音声の精度が良くなってきたので、アメリカのように、紙を読むのが難しい本人がOCRで変換した本をシェアできるようにもそのうちなるのかも。

 

悲哀が可能な自分になりたい

回想、

子どもが急に去ったり、

行方知れずになったりすることを悲しめない、

あるいは無理に悲しみや慈しみを表現しないとならない時のこと・・・。

 

『遺体』という本を読んでみている。遺体を運ぶ方は、日が暮れ、明日にさしつかえるから今日はここまで、というのがあるらしい。子どもだけの建物じゃ、その概念はないと思う。人生全部にさしつかえかねないと思う・・・。

 

 小さな子が来たら、休みなくお世話しないとならない。でも本当は、プライベートな休息時間があってもよかったらしい。

 

好きなことを好きなだけ好きにやることを、

特定の子どもとして、特定の消えない大人に守られて、

自分のペースと行動と休息を、どうやら、持って良いらしい。

 

 よき家族がおり施設を体験していなければ、同じ町の人や、他者の遺体にも、哀哭を持てるのだと思った。私にも家族がいて、家族が死ぬのは悲しいけれど、施設の子に対してはどうしても「ここはそういうものだ」と考えてしまう。施設の子の生き死にが悲しくなくて、次第に私の家族の生き死にも悲しくない感じになる。捨てられた子がむごい嫌な状況なのを、悲しむとしたら、切りがない。施設に対し大人の様々な考えがあって、情報が極端にない中、うごめいていないといけなかった。

 

 遺体という本を読んで、比較するのじゃなく、「つながりがあれば、このように悲しいものなのか」「ちゃんと悲しめるようになりたい」と考えてみたい。津波の本で、ちゃんと読みたい本なのに、「悲しいものなのか?」と疑問をもつ自分を、どうにか悲哀が可能な自分へもっていきたい。施設の子に対しては、共に住むのに、つながりはなかった。親に捨てられた子は本当にむごい。そう考えるのに、なんの感じも持てない・・・。その子達に親が、特別な対象者がもたらされないままのことを、明晰に嘆いてみたくて。。。それは、個人的な自分をもたないと、できない。

 

 概念にしろ実体にしろ、里親に出会えていないと、家族のいる大きい子の私は、「施設は、捨てられている子は、それしかないのだ。施設しかない。捨てられているしかない」と思うようになる。

 小さい子に里親がいてほしい。書籍『ジョディ、傷つけられた子 里親キャシー・グラスの手記』では、8歳の子どもに対しキャシーが「施設に入れるには幼すぎます」と何度か強調していて、そんなに言ってもいいのか、と私にはおっかなびっくり。はっきり言うと、とても、嬉しかった。